Webライターのお仕事は本業や趣味に関係する内容がおすすめ

NO IMAGE

Webライターのお仕事とは?

インターネット上には、多くのWebサイトがあります。
SmartNewsやGoogleニュースには、話題になっているWebサイトのページが集められ、1つの大きなサイトのようになっています。
私たちが普段から目にしているWebサイトの1ページ1ページを書いているのが、Webライターというお仕事です。

ネット副業でスマホだけでも始められる

Webライターのお仕事は、始めることはとても簡単です。
ランサーズやクラウドワークスといった、ネット副業の仲介業者が運営しているアプリを利用すると、スマホだけで始めることができます。
必要なものは、インターネットのつながる環境と文章作成アプリです。
スマホの場合は、メモ帳アプリ、他にはフォーマットを指定されるクライアントさんもおられるので、Officeアプリがあるとやり取りがスムーズです。
スマホはなるべく片手で使え、バッテリーが長持ちする機種がおすすめですよ。

Webライターの収入は?

そろそろ肝心の収入のお話をさせていただきますね。
ネット副業の場合、Webライターの収入は稼ぎがいいとは言えません。
ランサーズやクラウドワークスでは、「タスク」と呼ばれる単発の作業と「プロジェクト」「オファー」と呼ばれる契約のお仕事があります。
2つを比べた場合、「プロジェクト」「オファー」の方が作業時間あたりの収入は高い場合がほとんどです。

おおよその目安として、「タスク」では1文字あたり0.1~0.4円が相場で、1000文字のページで100~400円の収入になります。
一方で、「プロジェクト」「オファー」の場合、1文字あたり0.3~1.0円の相場で依頼をいただきます。
もちろん、依頼金額に見合った構成と内容が必要になり、クライアントさんとの連携も欠かせません。

仕事や趣味の知識が役に立つことも

ネット副業でWebライターをされるなら、ご自身の趣味や仕事に関する内容がおすすめです。
興味のあることは、調べ方も知っていて、提供できるだけの知識もあるからです。
最近では、仮想通貨や投資に関すること、健康に関するWebサイトが人気のようで、依頼もたくさんあります。

金融関係で働かれている方や経済学を専門に勉強されている大学生の方なら、2000文字のページにまとめられるだけの知識はあるかと思います。
できるだけ、求められた内容を素早く作業するために、趣味や仕事に関する依頼に取り組んでみてはいかがでしょうか?